ようこそ!比企の川づくり協議会のホームページへ
本サイトは、埼玉県中西部に位置する比企地域で活動している「比企の川づくり協議会」の公式ホームページです
比企の川づくり協議会は、比企地域のいい川づくりに向け、市民と行政が力を合わせて取り組んでいくための話し合いの場や河川見学会などを行なっています。かつての魚が群れ泳ぎ、子ども達が川で遊んでいる、暮らしの中を流れる川の再生に向けて行動するネットワーク型の市民グループです。
 
お知らせ
12345
2020/05/31

「緊急事態宣言」を解除後に、身近な里川の風景と親水活動(川遊び?)

| by:事務局
 新型コロナウィルス感染拡大防止の「緊急事態宣言」を解除してから、1週間を経過することとなりましたが、同時に埼玉県の感染者は、1000人(新聞では、1002人)のオーダーを越してしまった。全国自治体でも、北海道に次いで5番目の多さであり、2次感染の急増(クラスター感染)を警戒しながらも、仲間達も幾分解放感を味わうべく、比企自然学校の呼びかけに応じて、都幾川くらかけ清流の郷でのカヌー・セーリングに参加してきました。
 昨秋の台風19号により、BBQ施設や護岸決壊、大規模な流木堆積と土砂だまりにより、毎年実施してきた東松山市役所環境産業部の夏イベント「あつまれ!くらかけっこ!」や「川あそび、生きもの調査」の再開可能を事前調査する意図をもって、70歳代を前後するオジサン達6名が、4台のカヌーやカヤックを持ち出して
親水護岸にある雁木(カヌー着岸階段)に集まった。


地形図:鞍掛堰上流の水面メッシュ図(国土地理院2万5000分の1 地形図より作成)

 
ちょうど田植えシーズンなので堰によって用水に流れる水量がほとんどで、堰からはほぼ流れ落ちていない。その水位ながら、昨秋台風19号の濁流は中洲を流し去り、大きな水面を作っていた。カヌーエリアが画期的に大きくなっている。水深測量は、10Mメジャーに錘をつけた手作りレッド測量で行ない、鞍掛山神戸層露頭岩沿いの最大水深は、2.4Mと思いの外浅い河床になっていることが分かりました。台風19号による、上流からの土砂堆積・流木沈埋の影響があったものと推察されました。



写真1.鞍掛堰下流風景と、土砂堆積・河畔林を撤去した現状河況(下流の「飛び石」も再現しています!)


写真2.親水護岸の雁木(船だまり)に着岸したカヌーなど4艘


写真3.オジサン達が、自由に操船しカヌーやカヤックの操船可能範囲を調査しました

 

 親水護岸にある雁木(カヌー着岸階段)の周辺は、現況把握より鞍掛山遊歩道からの土石流により埋められ、そこを起点に、その後の台風の激流が本流から外れた用水入口付近に堆積したものと考えられ、雁木先の砂利川岸より底をこすりながら出ていくしかない状態となってしまった。

 現在通行止めの遊歩道の修復が優先されるとは思うが、雁木まで一定の水深が確保できる様にしていただきたいものだ・・・。(比企自然学校 櫻井代表の評価)。


17:48
2020/05/17

★★重要!!【当協議会ホームページの変更】のお知らせ。★★

| by:事務局

★★ 重要!!当協議会ホームページの変更】のお知らせ。★★

ーー39県で、【緊急事態宣言解除】が行なわれたが、埼玉県では??ーー

 3月下旬より慌ただしく新型コロナウィルス感染拡大防止の施策が、国・県より発布されてきましたが、関東4都県では【宣言解除】は行なわれませんでした。全国的に見ても、2次感染者増加の北海道が1000名に近づいたので、4番目の感染者数を数えていた本県も5番目に下がりましたが、あと20名の感染者増で、1000名のオーダーを越すことが、間違いなく到来するでしょう(残念ですが・・・)。

ーー当協議会【ホームページの変更】ーー

事務局側も、この間、投稿する当協議会のNEWSやイベントやお知らせも無く、GWをひたすらに「STAY HOME」⇒庭の草むしり、庭木の剪定などを続けてきましたが、本HPにも無料のレンタルサーバー側のシステム変更などが(上限値10MB2MB)発生したものですから、システム管理担当の会員=野原進一さんにお願いして、お忙しい中、サーバー側の刷新作業の停滞解除やファイルサイズ上限(2MB)撤廃などを行なって頂きました。

1週間位いの日数をかけて、「直すより、新しく作り替えた方が早い!」という結論に達して、新しいアドレスを設定することになりましたので、お知らせする次第です。

旧アドhttp://hikinokawa.hikieco.net/は、以下のように変更しました。

新アドhttps://hikinokawa.hikiws.com/ が、当協議会の新しいホームページのADとなります。約1ヶ月は、新旧両ホームページが併設になりますが、皆様も早めの「切り替え作業」をお願いする次第です。
                      事務局より
        


14:18
2020/03/19

台風19号の豪雨は、「はつらつプロジェクト」にも甚大な被害。

| by:事務局
 台風19号の洪水流は、越辺川・都幾川に多大の被害を与えましたが、農林漁業施設にも多くの傷跡を残しました。
 特に、埼玉県土整備部と農林部が推進してきた「はつらつプロジェクト」での、入間川水系での魚道整備にも影響を及ぼしたので、東松山農林振興センターが担当する「矢来堰魚類遡上施設」の工程計画が、見直されることになりました。
当初計画では、R元年11月頃に着工する計画であった、矢来堰本体の破壊と右岸側低水護岸が決壊し、国と埼玉県が河川協議した結果、着工と竣工をほぼ1年遅れとして見直しを行なったためです。
 東松山農林振興センター農村整備部の平野担当課長と斉藤担当技師から、NPO荒川流域NETの鈴木勝行代表と比企の川づくり協議会の渡辺代表が、被害前と被害後の現場写真等を示され、R2年11月以降の渇水期に着工する工事計画等の説明を受けました。竣工は、R3年の春頃となり当初計画から丁度1年遅れになることを説明されました。
 


写真1.農林振興センター会議室にて、矢来堰魚類遡上施設・堰堤補強計画図の協議風景(この頃、マスクは必携です)


写真2.矢来堰魚類遡上施設・堰堤補強計画平面図(S=1:400)
 
 今年度のNPO荒川流域NETの事業報告会(3.22開催予定)は、新型コロナウィルスの拡散防止のため中止となりましたが、これまで整備された入間川水系の魚道周辺の環境変化については、事業報告書(小冊子P24~25)に取りまとめられていますので、御覧下さい。


14:00
2020/03/08

「武州・入間川プロジェクト活動」の合同展示会in川越アトレ

| by:事務局
 武州ガス株式会社と国土交通省荒川上流河川事務所が後援し、(公財)埼玉県生態系保護協会が主催する「武州・入間川プロジェクト」の助成活動事業に応募し、令和元年台風19号被害地を含む「第19回河川見学会、水害シンポジウム」(2020.2.22)を実施した報告を、4枚のパネルに表示して、市民公開(展示)を行なってきました。
 川越アトレ(百貨店)の6階展示場の広報活動に応募した団体は今年も約10団体で、3月2日(月)~8日(日)の1週間、比企の川づくり協議会の活動も、台風被害現況・復旧活動・市民見学会などの現場写真として紹介されました。


写真1.武州・入間川プロジェクト活動助成事業 展示会(川越アトレ6階展示場にて)


写真2.比企の川づくり協議会の「第19回河川見学会・水害シンポジウム」の活動報告(パネル4枚)

21:05
2020/02/24

令和元年台風19号被害地を「河川見学」し、皆で意見交換会を開催!

| by:事務局
 令和元年台風19号被害地を、3箇所ほど「河川見学」しながら、未だ災害ゴミ撤去など行なっている被災地復旧現場と、継続している公共事業等の見通しを、行政担当者(国・県・市)から被害説明して頂き、市民側が意見を述べ合う「水害シンポジウム」を実施しました。
 「午前の(現地)見学会」~「午後のシンポジウム」へ、併せて約70名もの参加者が集まってくれました。新コロナ・ウィルスの感染ニュースが拡がる中での、集会を伴う見学・シンポでもあったので、会場には「泡だちソープ」などを用意し、マスク・うがいなどを自主的に行なって頂きました。

★参考資料1(災害発生時の市役所速報ー令和元年10月17日ー)⇒東松山市報告.pdf


写真1.見学会・シンポジウムの主催者の挨拶(比企の川づくり協議会)
(於:唐子市民活動センター2階 大会議室)


写真2.県土整備事務所 河川砂防部よりの現場説明(都幾川 稲荷橋上流  河畔林伐採、河道掘削工事)


写真3.市役所環境産業部よりの現場説明(被災した、くらかけ清流の郷)


写真4.国土交通省 荒川上流河川事務所よりの都幾川決壊地 現場説明(早俣地区)


写真5.関東地方整備局の「緊急治水対策プロジェクト」の対策方針を、担当室長がパネルにて説明

 
■国土交通省(関東地方整備局) の緊急治水対策(4河川)の中で、 [3] 入間川、[4] 那珂川、[5] 久慈川、[6] 多摩川、[3]をクリックして下さい。
⇒ 流域緊急治水対策プロジェクト(1.30).pdf

縮小写真による見学会・シンポジウムの全体報告PDF 
 第19回 河川見学会.pdf

19:35
2020/02/16

がんばる市民の「第1回・環境学習会」へ参加しました!

| by:事務局
 2月16日(土)10時~12時に、東松山環境基本計画市民推進委員会の主催(環境保全課共催)で、令和元年度第1回・環境学習会が、市役所総合会館304会議室に於いて開催され、約60名の参加者によって環境問題への認識を深めました。
 第1回目のテーマは、『日本の森林の現状を知り、今後の保全を考える』ということで、公益財団法人さいたま緑のトラスト協会理事長=太田猛彦東大名誉教授による講演を行なって頂きました。緑に関わる交流団体の比企自然学校や市民の森保全クラブでは、市内高坂丘陵地の樹林地で、樹木の伐採や薪割りや駒うちに勢を出し、地区の(耕作放棄地)農業や(里山)雑木林の保全に尽力している関係上、多くの市民活動の方々が聴講されていました。


写真-1 開会の挨拶を行なう市民の森保全クラブの稲田さん


写真-2 講演者(太田名誉教授)のPPT講義に聴講する参加者


21:20 | イベント情報
2020/02/02

恒例の『川の再生交流会2020』が県環境部主催・埼河連協力で開催。

| by:事務局

 今年度は、「川の国埼玉からプラスチックごみゼロへ」を全体テーマとし、東京理科大学教授の二瓶泰雄氏によるマイクロプラスチックについての講演や、川の国応援団の活動発表が行われました。当協議会と比企自然学校からは4名の参加者があり、第3部会では第1分科会 「文化(舟運)」と第6分科会「川と水害」に分かれて参加しました。(全参加者数は、約700人)

 環境部長の開会/主催者挨拶の後に、基調講演として東京理科大学理工学部土木工学科教授二瓶泰雄氏より、「陸域~河川~海域のマイクロプラスチックの動態」の報告があり、活動発表として草加市カヌー協会草加パドラーズより「プラスチックごみへの取組と学生との協働」の実施状況が、PPTでスクーリン講演されました。


写真1.二瓶泰雄教授によるマイクロプラスチックの動態、基調講演

 午後のポスターセッションには、比企自然学校の桜井代表と安東さんによる質問・意見交換に立ち会って頂き、森の学校(広葉樹伐と薪製造)や川の学校(カヌーの製造販売等)の売り込みも行って頂きました。


写真2.比企自然学校による、ポスターセッションでの活動

 分科会では、都幾川・越辺川合流地点で直近19号台風で、堤防破壊を伴う水害を抱えている東松山市民として、「川と水害」のテーマで意見交換会に参加してきました。特に、水害避難を事例に内発的な、自助・共助のあり方について、2グループでの意見交換や、若手学生達による取りまとめが行われました。意見の取りまとめでは、国土交通省や県土整備部の河川行政に頼り切った、正常性バイアス(又は、正常化への偏向)の問題点を指摘されるなど、貴重な意見交換会となりました。


写真3.「川と水害」分科会での、意見交換会(さいたま市民会館605号室にて)


15:50
2020/01/17

「河川見学会」と、喫緊課題としての「水害シンポジウム」を開催予定!

| by:事務局

令和元年度の河川見学会(イベント)の当初計画としては、東松山県土整備事務所の河川砂防部が整備する『都幾川神戸橋周辺の河畔林伐採・河道掘削事業』を挙げておりましたが、昨年10月の台風19号による「洪水氾濫と浸水被害の拡大」によって、長引く復旧工事等が落ち着くまで延びのびになっておりました。

国・県・市の関係機関への後援・協力依頼や打ち合わせにより、何とか第19回目の「河川見学会」を「水害シンポジウム」と併せて実施することになりました。山本運営委員を窓口とした「2019年度、武州・入間川プロジェクト」の活動助成事業として行われることになりましたので、添付チラシ(PDF)を御覧下さるようお願い致します。


◆「比企自然学校」の皆さんによる災害ゴミ搬出作業 in東松山市早俣地区(軽トラ3台によるボランティア)

◆河川見学会・シンポジウム案内チラシ⇒河川見学会・水害シンポジウム最終版.pdf

 約6週間後の寒さが残る「立春」後に開催となりますが、会場案内・現場視察など会員各位からの協働作業を得ながら、新たな水害シンポジウムも成功させたいと思いますので、多くの方をお誘い頂きご参加下さるようお願い致します。                     事務局より


16:49
2019/12/18

令和元年度 全国多自然川づくり会議に参加

| by:事務局
 12月16日~17日(火)の2日間に、さいたま新都心合同庁舎2号館 5階会議室に於いて、全国多自然川づくり会議が実施され、当協議会からも3名の参加者が出席して聴講しました。

表1.令和元年度 全国多自然川づくり会議事務連絡
⇒ 
01_事務連絡(開催案内).pdf
表2.全国多自然川づくり会議 発表事例⇒ https://www.mlit.go.jp/river/kankyo/main/kankyou/tashizen/pdf/R1_jireiitirann.pdf

 
写真1.国土交通省 水管理・国土保全局 舟橋調整官からの開会の挨拶
 参加者は、全国の国土交通省地方整備局・出先事務所や国土技術政策総合研究所・土木研究所、各県の土木やダム建設事務所からの、技術発表者など約200人であり、約30編の技術発表がパワーポイントを使用して行われました。


写真2.直近の課題でもある「災害復旧助成事業における多自然川づくり」(山口県土木建築部河川課)の発表事例

 東松山市・比企郡での19号台風被害地も多く参考になる川づくり事例であり、行政官庁の技術者に紹介したい内容であった。

19:38
2019/12/10

急に寒波が襲来、市野川でバードウォッチング(環境学習)が行われた

| by:事務局

  市立新宿小学校の環境学習として、5年生全員による野鳥観察会が、12月2日(校内レクチャー)と5日(市野川堤防・河川敷の野外観察)、東松山自然観察倶楽部の協力によって、実施されました。東松山市教育委員会による
「小・中学校特殊化推進事業指定」を受けて、新宿小学校が若干の予算給付対象にもなっている環境学習です。

 

 5日10時より、校庭に集まった67人(2組)は、自然観察倶楽部の金子さん・
池田さんから、小型(8倍)双眼鏡の
扱い方を学び、太陽をのぞく等の注意・禁止事項を受けて、各自、胸に出現種を記録する画板をぶら下げて、小学校の周りのヒヨドリ、スズメ、ムクドリなどを観察しながら、市野川橋上流の堤防右岸側を滑川合流点まで、歩きながら観察会を行った。

 
住宅街、郊外の生垣(ピラカンサスなど)、果樹(柿、ミカン、キンカン)には、主にヒヨドリ、ムクドリ、スズメ、キジバトなどが飛翔しているのが観察された。ハシボソカラスも電線上に観察された。典型的な郊外型の出現種類であるが、ムクドリ(30100羽ぐらい)は大群を成して、田園の稲穂や公園の芝に群がっているようだ。

市野川堤防上 水鳥の代表種である、カモ類・サギ類は殆どが早朝から、近隣田畑にエサを求めて飛んで行ってしまったようでした。

・両岸で、カワラヒワの群れ(30羽ふらい)が堤防の草付きに見られ、児童達は初めて観察したようだ。その群れから、小学校内の樹木林に飛び込んでくるものが、確認されているようです。
・松山城跡と市野川の間位い
100上空を、悠然とノスリ(ワシ・タカの仲間)が、北上して行った。1組・2組の全員が観察できたようであった。

市野川河川敷では、水面に近づいた遊歩道を一直線状になって、南下した。水面に休息している、ダイサギ1羽とアオサギ1羽が、それぞれ確認されたとの報告を受けています。昨年、市野川下流で多く見られたカルガモやマガモ、コガモは、やっぱり田畑にエサを求めて未確認でした。
・セキレイでは、2組班がセグロセキレイの飛翔を確認したとのことでした。
・ハクセキレイなどもよく見られ、エサが無くなると住宅街にも見られることが多い。

・特筆すべきこととしては、10年前の古くから「市野川旧流川橋の土羽護岸」には、カワセミが生息しており、先月11月にもカメラマンと会った。今回の観察会でも、期待したが残念ながら会えませんでした。



15:19
12345

PDFファイルを表示するには、Adobe Acrobat Reader が必要です。こちらから、ダウンロードできます
このサイトは国立情報学研究所が開発したコミュニティサイト支援ソフト netCommons
http://www.netcommons.org/) を利用しています。
利用上の注意: 本サイトに掲載されている記事、画像等は、個人で利用する以外は著作権上、著作権者の承諾を得ず無断で転載・複写することは禁じられています。
 
カウント438480

オンライン状況

オンラインユーザー4人

Copyright (c) 2008-2020 比企の川づくり協議会 All rights reserved.