ようこそ!比企の川づくり協議会のホームページへ
本サイトは、埼玉県中西部に位置する比企地域で活動している「比企の川づくり協議会」の公式ホームページです
比企の川づくり協議会は、比企地域のいい川づくりに向け、市民と行政が力を合わせて取り組んでいくための話し合いの場や河川見学会などを行なっています。かつての魚が群れ泳ぎ、子ども達が川で遊んでいる、暮らしの中を流れる川の再生に向けて行動するネットワーク型の市民グループです。
 
お知らせ >> 記事詳細

2019/12/10

急に寒波が襲来、市野川でバードウォッチング(環境学習)が行われた

| by:事務局

  市立新宿小学校の環境学習として、5年生全員による野鳥観察会が、12月2日(校内レクチャー)と5日(市野川堤防・河川敷の野外観察)、東松山自然観察倶楽部の協力によって、実施されました。東松山市教育委員会による
「小・中学校特殊化推進事業指定」を受けて、新宿小学校が若干の予算給付対象にもなっている環境学習です。

 

 5日10時より、校庭に集まった67人(2組)は、自然観察倶楽部の金子さん・
池田さんから、小型(8倍)双眼鏡の
扱い方を学び、太陽をのぞく等の注意・禁止事項を受けて、各自、胸に出現種を記録する画板をぶら下げて、小学校の周りのヒヨドリ、スズメ、ムクドリなどを観察しながら、市野川橋上流の堤防右岸側を滑川合流点まで、歩きながら観察会を行った。

 
住宅街、郊外の生垣(ピラカンサスなど)、果樹(柿、ミカン、キンカン)には、主にヒヨドリ、ムクドリ、スズメ、キジバトなどが飛翔しているのが観察された。ハシボソカラスも電線上に観察された。典型的な郊外型の出現種類であるが、ムクドリ(30100羽ぐらい)は大群を成して、田園の稲穂や公園の芝に群がっているようだ。

市野川堤防上 水鳥の代表種である、カモ類・サギ類は殆どが早朝から、近隣田畑にエサを求めて飛んで行ってしまったようでした。

・両岸で、カワラヒワの群れ(30羽ふらい)が堤防の草付きに見られ、児童達は初めて観察したようだ。その群れから、小学校内の樹木林に飛び込んでくるものが、確認されているようです。
・松山城跡と市野川の間位い
100上空を、悠然とノスリ(ワシ・タカの仲間)が、北上して行った。1組・2組の全員が観察できたようであった。

市野川河川敷では、水面に近づいた遊歩道を一直線状になって、南下した。水面に休息している、ダイサギ1羽とアオサギ1羽が、それぞれ確認されたとの報告を受けています。昨年、市野川下流で多く見られたカルガモやマガモ、コガモは、やっぱり田畑にエサを求めて未確認でした。
・セキレイでは、2組班がセグロセキレイの飛翔を確認したとのことでした。
・ハクセキレイなどもよく見られ、エサが無くなると住宅街にも見られることが多い。

・特筆すべきこととしては、10年前の古くから「市野川旧流川橋の土羽護岸」には、カワセミが生息しており、先月11月にもカメラマンと会った。今回の観察会でも、期待したが残念ながら会えませんでした。



15:19

PDFファイルを表示するには、Adobe Acrobat Reader が必要です。こちらから、ダウンロードできます
このサイトは国立情報学研究所が開発したコミュニティサイト支援ソフト netCommons
http://www.netcommons.org/) を利用しています。
利用上の注意: 本サイトに掲載されている記事、画像等は、個人で利用する以外は著作権上、著作権者の承諾を得ず無断で転載・複写することは禁じられています。
 
カウント452624

オンライン状況

オンラインユーザー3人

Copyright (c) 2008-2020 比企の川づくり協議会 All rights reserved.