ようこそ!比企の川づくり協議会のホームページへ
本サイトは、埼玉県中西部に位置する比企地域で活動している「比企の川づくり協議会」の公式ホームページです
比企の川づくり協議会は、比企地域のいい川づくりに向け、市民と行政が力を合わせて取り組んでいくための話し合いの場や河川見学会などを行なっています。かつての魚が群れ泳ぎ、子ども達が川で遊んでいる、暮らしの中を流れる川の再生に向けて行動するネットワーク型の市民グループです。
 
お知らせ >> 記事詳細

2019/05/04

R元年最初のイベントは「春爛漫・都幾川カヌーツーリング」に参加!

| by:事務局

令和元年53日(憲法記念日)に、比企自然学校が主催するイベントとしてカヌーツーリングが開催され、総勢14名が参加し、女性隊も1艇組み込めました(写真ー1)


写真ー1.カヌーツーリング・スタート地点にて、全員集合(14名)


 サポート隊と川下り隊の2つに分かれて都幾川のくらかけ清流の郷から矢来用水堰まで、カヌーツーリングを楽しみました。カヌーは、埼玉県水環境課より借り出したタンデムカヤックとフランス式組立てカヤックの5艇で行い、図ー1に示す約6kmの区間を、中間交代地点(稲荷橋)でサポートする体制で行われました。


図ー1.春爛漫
都幾川カヌーツーリング・コース図(約6km)

 

自然学校里山センターで、ポンプアップ等した5艇を鞍掛橋上流から発進し、水ぬるむ河原に遊ぶ行楽地点をスタートしたのが、概ね10時頃でした(写真ー2)。


写真ー2.くらかけ清流の郷で、市民・子供達が川遊びする河原を通過する2艇


 約65分後には、5艇とも中間交代点には無事到着し、サポート隊が沸かしたコーヒーなどで喉を潤し、人員の交代も行い再度稲荷橋・水管橋から約3km下流の矢来用水堰を目指して再スタートしました(写真ー3)。



写真ー3.稲荷橋・水管橋を再スタートした、女性隊員のカヌー 


 スムーズなパドル操作に慣れた勢もあり、残りの後半は約40分とスピーディな速度で、下流の大臣管理区間範囲の上用水堰を通過し、関越自動車道・唐子橋をくぐりぬけ、矢来用水堰へ向かっていきました(写真ー4)。


写真ー4.唐子橋水位・流量(低水位)観測所(国交省所管)の観測ポール脇を順調に流下するカヌー隊

 この時期は、
田植え真っ盛りの時期で、用水堰へ取水される水量は最も多く、カヌー自体も引き込まれそうになるので、矢来堰水門が確認された所で流下を断念し、引き返しながら唐子橋右岸堤防(低水路)に着岸して、サポート隊と合流し、里山センターへの帰途に就きました。正に、春爛漫の「都幾川・川下り」でした(写真ー5、6)。



写真ー5.矢来用水堰付近の流速の遅い水面を漕艇(唐子橋下流地点)


写真ー6.矢来用水堰(右側の蛇カゴ構造物)の水門へ多くの水量が流下し、カヌーが引き込まれそう!

※:カヌーツーリングを企画した比企自然学校HPにも詳しい記事がUPされています。
http://hikishizengakko.org/20190503.html



00:03

PDFファイルを表示するには、Adobe Acrobat Reader が必要です。こちらから、ダウンロードできます
このサイトは国立情報学研究所が開発したコミュニティサイト支援ソフト netCommons
http://www.netcommons.org/) を利用しています。
利用上の注意: 本サイトに掲載されている記事、画像等は、個人で利用する以外は著作権上、著作権者の承諾を得ず無断で転載・複写することは禁じられています。
 
カウント402367

オンライン状況

オンラインユーザー27人

Copyright (c) 2008-2014 比企の川づくり協議会 All rights reserved.